りそな銀行のカードローン

 

一般的な生活をしていてお金が足りなくなった際の対策手段の一つとして、カードローンを利用している人は少なくはないでしょう。

りそな銀行では様々なカードローンのサービスを提供しており、そのメリットを感じて利用されている人もいます。

りそな銀行のカードローンについてを紹介します。

りそな銀行 カードローンの概要について

りそな銀行のカードローンには、限度額が200万円までの「りそなクイックカードローン」、そして最大800万円までの「りそなプレミアムカードローン」の2種類の商品があります。

金利は3.5~12.475%で借入限度額は50~800万円まで、10種類の金利に分かれています。

その他の特徴としては、以下のようなものがあります。

■残高不足でも自動融資機能がある
■インターネットですぐに申し込みできる
■キャッシュカードをそのまま使える
■全国のりそなATMやコンビニATMを利用できる

Web完結でいつでも契約手続きをすることが可能

りそな銀行が提供しているカードローンですが、手続きのすべてをWebでできます。
また24時間365日いつでも申し込みができ、土日でも審査の回答をしてくれます。
他の金融機関のように、窓口に行く必要もありません。
来店不要で簡単に申請できる、これが大きな特徴だと言えます。

ローンの金利が低金利でお得

りそなが提供しているカードローンは、その金利が比較的安いのが特徴です。
例えば、クイックカードローンは次のようになっています。
金利は年9.0~12.475%で、利用限度額は10~200万円までの7コースがあります。
この金利は変動金利となっており、実際に契約した限度額コースによって異なりますので注意してください。
こちらで給与振込利用をすれば、0.5%の金利特典を得ることができます。
この特典は、カードローンの利用口座で既に給与振込の取引の実績がある場合に限られます。

以上がクイックカードローンの内容ですが、継続して安定した収入がある方であれば申し込みができます。
もちろん来店不要での契約も可能です。
次にプレミアムカードローンですが、こちらの金利は年3.5~12.475%で、利用限度額は10~800万円までの13コースに分かれています。
なお、こちらも金利は変動金利であり、契約した限度額コースによって異なります。

また銀行所定の住宅ローンを利用すれば、年0.5%の金利特典を得ることができます。
さらに銀行に口座がなくても申し込みは可能ですが、審査結果を連絡した後、契約手続きまでに口座開設が必要です。
この特典を得るためには、Webコミュニケーションサービス「マイゲート」の契約も必要となります。

これらのローンは実際に借りる金額によって金利は異なりますが、消費者金融のカードローンと比べるとかなり金利は低いと言えます。
長期的な返済を予定している方は、この際借り換えを検討してみるのもいいかもしれません。

収入証明書の提出が300万円以下なら不要

りそな銀行のカードローンは300万円以下の借入であれば、面倒な収入証明書を用意する必要がありません。
一般的な消費者金融であれば、借入額が50万円以上になると収入証明書が必要になりますが、それを考えると、りそな銀行はかなり楽ではないかと思います。
収入証明書の提出があると審査も必要となり、その分融資されるまでの時間も長引きますが、収入証明書の提出が不要であれば審査の手間も省略でき便利です。

りそな銀行 カードローンの借り方

○スマホ・パソコンでの借り方
りそな銀行カードローンはスマホやパソコンからでも借入は可能であり、手順は次の通りです。

①仮申し込み、スマホやパソコンで専用サイトから申し込みします。
「仮審査結果回答、Web手続きを選択すればEメールの回答も可能です」
②本申し込み、ここでは本人確認できる運転免許証などの資料を提出します。
③本審査結果の回答

○ATMでの借り方
①ATM画面にある「カードローン」ボタンを選択します。
②「ローン借入」ボタンを押すと取引が開始されます。
③ 預金残高を確認後、カードローンで希望額を引出します。
それぞれのATMに、所定の利用限度額がありますので注意してください。

りそな銀行 カードローンの返済について

りそな銀行のカードローンは、基本的には口座からの自動引き落としになります。
これはプレミアムとクイックのどちらを選択しても、この自動引き落としが主となる返済方法です。
また、支払い日は毎月5日です。
気になる毎月の返済額ですが、プレミアムカードローンは次の通りです。
1万円以下は基準借越残高全額、1~50万円以下は1万円、50~100万円以下は2万円です。

りそな銀行のカードローンには、クイックカードローンとプレミアムカードローンの2種類の商品があり、それぞれに特徴があります。
Webで契約をすることができ、300万円以下の借り入れには収入証明書が不要など、かなりのメリットが感じられます。